【茨城県】これから人気になるかも?な茨城のニュースポットを巡ってみた

ついに魅力度ランキング最下位を脱出した茨城県。「いばらきの観光スポットは?」と聞いたら、まず答えるだろう「国営ひたち海浜公園」が定番スポットになりましたが、まだまだあまり知られていないスポットがたくさんあるんです。

今回は、そんな“これから人気になるかも!?”なスポットを巡ってきましたよ。

金色の鳥居がインパクト大!「ほしいも神社」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

令和元年にできたのが、その名も「ほしいも神社」。干し芋の生産が有名な茨城県ならではの神社なんです。黄金色(干し芋色)の鳥居がインパクト大ですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この神社に祀られているのは、「欲しいものの神様」。欲しいものを念じながらお参りすると、その欲しいものが手に入る…という、なんともうれしいご利益が。

日本初・梅干し専門カフェ「WAON」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大洗町にある 「ume cafe WAON」は 、日本初の梅干し専門カフェ。店内にはさまざまな梅干しや梅酒はもちろん、梅を使ったお菓子なども購入できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなume cafe WAONでおすすめなのが、「梅しょうゆで食べるコンビーフ丼」900円。第1回IFFA日本食肉加工コンテスト2109でゴールドメダルを獲得した、“メツゲライ タモン”の常陸牛入りコンビーフがどっさり。そこに、梅干しを漬けて作ったオリジナルの醤油をかけていただきます。

コンビーフって結構重いイメージだったんだけど、このコンビーフ丼はサラサラ…とあっという間に間食。主食というより、おやつ感覚で食べられちゃう悪魔飯かも…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅干し専門店ならではなのが、「3種類の梅干しを選べる利き梅干しセット(土浦の桑茶付)」500円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全9種類の梅干しから、お好きな梅干しを3種類選んで食べ比べることができるセットなんです。それぞれ特徴があるから、気になるものを選んで。

ちなみに私は、「2 加賀地蔵」、「4 三年梅」、「7 かつを三年梅」の組み合わせにしました。梅干し好きにはたまらない…!

笠間の隠れ家古民家カフェ「笠間 雪みるく」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のどかな田園風景のなかにある古民家が、実はカフェ「笠間 雪みるく」。食べられるのは、他ではなかなか出会えないかき氷なんです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が食べたのは「シャインマスカット「晴玉」スペシャル」。大粒なシャインマスカットに、マスカットエスプーマ…かき氷の中にも、たくさんのシャインマスカット!!


他にも、旬の果物…「かぼちゃみるく&ホイップ」に、「焼きいもみるく&ホイップ」などなど…どれもボリュームたっぷり!
だんだん寒くなってきたけど、暖かいお部屋の中で、ひんやりかき氷を食べるのもいいよねぇ♪

2020年オープン!話題のグランピング「ETOWA KASAMA」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フォトジェニックなグランピングが笠間にニューオープン!「ETOWA KASAMA」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロッジタイプおしゃれなんだけど、特にフォトジェニックなのがこちらの「GRACE」タイプ。大きな常設テントの中には、

ソファーやベッドが完備されているんです。デッキではBBQもできちゃう♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕食は、BBQスタイルで。この日はちょっと曇り空だったんだけど、晴れると太平洋まで見えるんだって。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

具材はカットしてあるから、あとは焼くだけ。笠間をはじめ、ほとんどの食材が地元茨城県産のものなんだって。タレの他に10数種類のスパイスも用意されているから、最後まで飽きずに食べられるんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日が暮れると、夜景も楽しめますよ。キャンプファイヤー場では、キャンプの新定番・焼マシュマロも楽しめちゃう♪

2020年10月グランドオープン!星野リゾートが茨城に上陸「BEB5土浦」

あの星野リゾートが、ついに茨城県に上陸!しかも、駅近ならぬ”駅ウエ”ホテルなんです…!!

後ろを振り返れば…はい、土浦駅の改札。改札を出て数秒でホテルに到着♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BEB5土浦に入ると、自転車がインテリアに。そう、BEB5土浦は自転車で楽しめる、ゲスト同士が団らんする…“居酒屋以上、ホテル未満”の宿なんです。

お部屋は大きく3タイプ。シンプルで無駄をそぎ落としつつ、必要なものは一通りそろって使い勝手のよい「ダブルルーム」、プチグランピング感&秘密基地感も楽しめちゃう「ヤグラルーム」。

他に、愛車(自転車)をお部屋の壁にかけて、一晩中一緒に過ごせるサイクリスト垂涎の「サイクルルーム」もありますよ。それぞれに雰囲気が異なるので、どのお部屋にするか迷ってしまいますね…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなBEB5土浦、面白いアクティビティも用意されているんです。例えばこちら。このスムージー、自分で自転車を漕いで、人力でミキサーを回して作るんです…!

ちなみに、お味は優しい甘さのおいしいスムージー。ぜひチャレンジしてみて。

”駅ウエ”の立地ゆえ、お部屋から電車の発停車を眺めることができるお部屋も。ちょこっと霞ヶ浦が見えたり、朝焼けを楽しめるお部屋もあるんです。どのお部屋になるか楽しみですね♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です