【島根】日本3大美人の湯「湯元 湯の川」でパワーチャージ

2018年12月22日は冬至。日本三大美人の湯「湯の川温泉」で温泉を堪能していました。

美人になれちゃう!?「日本三大美人の湯」

島根県出雲市にある「湯の川温泉」は、群馬県の川中温泉、和歌山県の龍神温泉とともに、日本三大美人の湯に数えられる名湯。今回訪れたのは、湯の川温泉「湯元 湯の川」さん。

最近ではあまり見かけなくなった、お出迎え看板が懐かしいですね(実際にはお名前が書かれていますが、ぼかしを入れています)。車を停めると、すぐに出迎えてくれて荷物を運んでくれました。ちなみに、チェックアウト後も車まで荷物運びを手伝ってくれて、見えなくなるまでお見送りしてくれました。おかげで、外観の写真を撮るのが苦労したほど…!

宿泊したのは、「ユリ」の間。16畳と広々としたお部屋です。禁煙室はないようですが、たばこのにおいが気にならないお部屋でした。

写真右側が基本の浴衣。ボディタオルと歯ブラシ、柄足袋ソックスがうれしいですね。フロント横には女性用の色浴衣と羽織が用意されていて、好きな組み合わせを楽しめます。ほかにも、源泉を利用した美肌パックやアロマランプの用意もあり、どちらも自由に使えるようになっていました。女性にうれしいお宿ですね。

料理がおいしいお宿

湯元 湯の川は素泊まりから利用が可能ですが、お料理がとてもおいしいのでお料理付きにするのがおすすめ。夕食はお部屋食です。

地元でとれた食材をふんだんに使った手間をかけたお料理がずらりと並び、満足度が高い。メニューは毎日変わるので、連泊しても楽しめるのです。こちらの食べるペースに合わせて次の料理を持ってきてくれるのがうれしいですね。

朝食は食事処にて。品数が多く、満足度が高いですね。ボリュームがあるので、朝食前に朝風呂を済ませておなかを空かせておくのがおすすめです。

「美人の湯」でお肌つるつるすべすべに

湯の川温泉の泉質は、「ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物泉」。柔らかな肌当たりの、「低調性弱アルカリ性高温泉」です。体の芯まで温まり、いつまでもぽかぽか温かさが続きました。湯上りのお肌は、つるつるすべすべ。美人の湯と呼ばれるのもうなずけます。

湯元 湯の川では、男女別の大浴場のほか、趣の異なる貸切風呂が3つ。それぞれ源泉かけ流しなのがうれしいですね。

冬至のこの日は、ゆずが浮かべられる「ゆず湯」でした。源泉かけ流しの湯船に柚子をたくさん浮かべてしまうなんて、とても贅沢!顔くらいの大きさがある大きな獅子柚子は甘めの香り。小ぶりのゆずはさわやかさが強め。もともとぽかぽか感が長く続くお湯ですが、ゆずが入ることで、より温まる感じがします。

今回の鳥取・島根旅で、今年の旅はひと段落。2018年の旅の締めくくりに、風邪予防もできちゃいました!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日本三美人の湯 湯元 湯の川
住所: 島根県出雲市斐川町学頭1329-1
電話: 0853-72-0333
島根県出雲市「湯元 湯の川」を予約する ⇒ 日本三美人の湯 湯元 湯の川
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です